企画・イベント

2008年5月 5日 (月)

広島記念公園のイルミネーション



夜はイルミネーション。明日でGWが終わりなので、今日が最終日です。鶴のオブジェも色とりどりに輝いています。

広島記念公園をアルバムにしました!


それぞれの思いを込めて作られた灯篭。たくさんの外国人の方も写真を撮っていらっしゃいました。


この灯篭は、平和への願いを込めて、戦災で亡くなった方たちを弔う石碑と原爆ドームに向けて、一直線につながっています。


夕方から準備され、噴水の水面の上に捧げられた灯篭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島記念公園



広島記念公園。平和を祈ってフラワーフェスティバルが催されているので、鶴のオブジェや灯篭、お花で賑やかです。

広島記念公園をアルバムにしました!


この光景は見たことがある人が多いでしょう。必ずテレビで放映される場所です。以前、広島に来たときは時間がなかったので、ここへ来てお祈りを捧げたかったのです。
石碑にも刻まれているあまりにも有名な言葉です。ぐっと心に残ります。

〜 安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませんから 〜


自分で言うのも何ですが、私はこの写真がとても気に入っています。石碑と折鶴だけの写真もあるのですが、丁度男の子がやって来たので、一緒に撮りました。この世代が広島の悲しみを受け取り、次の世にも平和の大切さを伝えてくれていったら・・と思います。


平和を祈って飾られたお花たちは、フラワーフェスティバルが終わるこの日の夕方、記念公園を訪れた人たちが持って帰ることができました。皆さん、上の方のはよじ登って取っていらっしゃいました。


平和を祈願してのフェスティバル。うむむむ、ちょっとこの場所のイメージとは違って派手な感じ? でも、まぁ、若者だからこれくらい元気があってもいいでしょう・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島記念資料館



広島記念資料館。広島へ来たら、必ずここを訪れなければなりません・・。GW中は、平和を祈ってフェスティバルが行われていました。資料館前の芝生は、折鶴のオブジェでいっぱいです。

広島記念資料館をアルバムにしました!


被爆後の中島地区(平和記念公園)周辺です。原爆ドームもあります。


爆破後の写真。人々の怒り・悲しみ・叫びが伝わってきます。もう二度と、こんな事が起きてはなりません。


焼け焦げた中学生の学生服です。


原爆投下は朝の8時15分。天気のいいこの日も三歳の男の子が家の前の庭で、自転車に乗って遊んでいました。原爆によって焼けてしまった可愛そうな男の子。三歳で1人でお墓に入るのは寂しいだろうと思った両親が、この自転車とを一緒に埋めました。40年後、お父さんが原爆資料館に寄贈したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原爆ドーム



原爆ドームは数年前に出張時に立ち寄ったことがあります。時間がなかったので、写真を撮るのが精一杯でしたが、今回はじっくりと見ることができました。

原爆ドームをアルバムにしました!


正にこの石碑に刻まれている通りです。
『この悲痛な事実を後世に伝え人類の戒めとする』


このアングルはとてもインパクトがありました。無惨にも破壊された原爆ドームと対照的に咲く美しいバラ ・・それが亡くなった人たちに捧げる思いといつまでも平和が続きますように・・という祈りを語っているような気がします・・。


トワイライトタイムに撮影です。ほのかな夕日を浴びて、煉瓦色に染まる原爆ドームです。


夜景。対岸から見るのがいいです。原爆投下の目標となった『相生橋』の手すりにカメラを置いて撮影するとあまりぶれずに撮れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島城



烏城と呼ばれる岡山城も素晴らしかったですが、広島城もなかなかのもの! 共に戦災で焼け落ちましたが、この広島城は復興のとき、過去に何度か復元されたものの、一番最初に築城されたときの姿にこだわったためか、昔らしい風情が漂っています。

広島城をアルバムにしました!


ここは、平戸ツツジがすごいです!


広島城は、外堀・中堀・内堀の三重の堀をめぐらす広大な敷地を占めていました。現在は内堀の中に残る本丸とこの二の丸にが残されています。ここは、出撃の拠点である馬出しの機能を持ち、本丸の正面を守る役割を果たしていました。


二の丸の中です。平成6年に復元されたので、まだ新しさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島 名勝 『縮景園』



岡山の後楽園は、日本三名園として有名ですが、広島にも素晴らしい庭園 『縮景園』がありました。広島藩主浅野長晟が築いたものです。アンも行ったこともある中国杭州の西湖を模して縮景されたとも伝えられているそうです。

後楽園をアルバムにしました!



お花好きなものには、庭園もとても魅力ある場所です。これからも、色んな庭園に行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月30日 (水)

尾道ラーメン



尾道に来たら、やっぱりラーメンでしょう!! 古寺めぐりコースは約2kmあるそうで、まず尾道駅から一番遠い「浄土寺」までバスで行き、そこから歩き始めることにしました。午前中、岡山から移動して、浄土寺に着いた頃にはお昼になっててお腹ぺこぺこ! 駅の i でもらったラーメン地図によると、この近くにラーメン屋さんがあることはチェックしていました。尾道漁業共同組合の向かいにある「フレンズ」です。


人気No.1だという『朱華園』に行ってみました。薬師堂通りにあります。


尾道ラーメンの特徴は、瀬戸内海の小魚をふんだんに使用した濃いめの醤油ラーメンで、中細麺、豚背脂ミンチが浮いている・・というもの。尾道ラーメンは、アンにはさっぱりした感じで、2軒とも薄味と思います。コクがあるのは「フレンズ」の方かな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の街 尾道へ



尾道はが多いことで有名な街です。古寺めぐりコースっていうのがあって、石畳に沿って歩いていきます。お寺はもちろん、情緒ある場所がいっぱいです。

尾道をアルバムにしました!


このコースの中でも25個あるお寺。一番有名なのは、『千光寺』。ロープウェイで上まで登ることができます。


すると展望台があり、こんな素晴らしい景色が。尾道とアンの実家のある今治とを結ぶしまなみ海道です。


千光寺から「文学のこみち」が続いており、名な歌人・文人達の歌の碑が約25あります。歌の碑を一つ一つ読みながらなだらかな斜面を散策します。


『おのみち映画資料館』っていうのがありました。「転校生」「時をかける少女」といった映画ロケ地になった場所なので、それに関するものが見られるのかな〜と思ったら、昭和30年代くらいの映画に関するものがメインでした・・。ともあれ、尾道は何か懐かしく感じることのできるいい場所でした。明日はしまない海道を渡って、高速バスで今治の実家に帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

岡山 特別名勝 後楽園



岡山に来たら、岡山城の他に日本三名園の一つ「後楽園」を見逃せません。岡山藩主池田氏によって作られた回遊式庭園です。岡山城の後に作られた園という意味で後園と呼ばれていましたが、「先憂後楽」の精神に基づいて造られていることから、明治4年(1871)に後楽園と改められました。

後楽園をアルバムにしました!


日本に広く自生している野芝を使った、明るく広々とした庭園です。れんげ畑もありました。


園内を見渡せる築山。ツツジの咲く今頃は絶景となります。


いつもなら18時閉園なのが、GW中なので、夜は21時までライトアップされて幻想的な雰囲気に・・。夏は長い期間やっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山城



岡山城。さすが安土城に習って作られたというだけあって美しいですね。黒漆塗の外観から“烏城(うじょう)”とも呼ばれ、隣県の「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれる姫路城と対比されることもあるそうです。何と言っても、豊かな清水をたたえて流れる旭川、後で紹介する日本三名園の一つ「後楽園」を背景にしているところがいいです。

岡山城をアルバムにしました!


現在残っている石垣の殆どは、昔のままの状態で残されているらしい。これは、丸
い形の自然石を用いた野面積(のづらづみ)



本丸内で唯一戦火を免れた『月見櫓』。文字通り「月見」を楽しむためにも用いられましたようですが、本来の目的は防衛のためだったとか。全国的にも極めて数が少なく珍しい遺構だそうで、国指定重要文化財になっています。


この穴は、防衛のために使われたのでしょうか・・?


夜はライトアップされます。旭川に反射して綺麗。後楽園から戻る橋の上からの撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧