写真・アルバム

2015年9月11日 (金)

花火を撮り続けて30年!

写真は趣味で、人の写真もよく見るのですが、30年以上も花火写真を撮り続けている「花火写真家」がいらっしゃるようです(゚o゚;; 今年は花火は終わってしまったけれど、来年の準備! 1 年なんて、あっという間ですからね。来年こそはもっといい写真を ♪
花火は夜景の中でも動きが早いので難しい・・。でも、明るい花火はブレにくかったりするんですよね。そういう経験ありませんか? 白や金色の花火です。赤・青・緑と様々な色がありますが、それぞれにF値(絞り)を変えるといいみたい。とは言ってもいきなりは難しいので、先ずF11-13くらいから始めて段々調整していけばいいようです。

http://bit.ly/1OhVXsx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

春の七草の一つ 〜 なずな 〜



【学名】 Malvastrum lateritium
【和名】 薺 (なずな)
【学名】 Capsella bursa-pastoris
【別名】 ペンペン草
【科名】 油菜(あぶらな)科
【属名】 ナズナ属
【花期】 1/20頃〜 5/15頃
【効能】 中国では止血剤、ヨーロッパでは通風、赤痢などの薬として使われる。
【語源】 「薺」は「撫菜」(なでな)からの変化。なでたいほどかわいい菜、の意から。
また、夏に枯れて無くなることから「夏無(なつな)」、これが変化したとも。


ぺんぺん草でおなじみの「ナズナ」は、春の道端や畑、庭の隅っこなどいたる所に自生する2年草で、春先の野草の代表のひとつです。

秋に芽ばえ、早春に白い小花咲き始めます。この写真は、アンの実家の近くのれんげ畑の側に生えていました。今はさいさい(彩菜)きてやができてしまっています。ペンペンというのは擬音ではなく実の形が三味線のバチに似ているからでしょう。実がついた枝を取って振ると,実がぶつかりあって「シャラシャラ」という音がします。アンも小学生のとき、学校の帰り道、ナズナの葉っぱを鳴らしながら帰ったものです。



全草を利尿・解熱・止血などに用います。春の七草の一つとして有名です。会社は10連休だったものの、年度末決算で、正月返上で元旦も実家で働いていました。今はパソコンがあるからどこからだって仕事できてしまいますものね・・。仕事始めで七草粥を食べる7日もバタバタしていて、会社のデスクでコンビニのお弁当 今は『七草粥セット』も売られているので、いつか自分で作って食べてみたいです。そういう日本の伝統的な事を楽しめるゆとりのある生活をしたいと思います。
春の七草

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

ほんのり・アプリコット色 〜 マルバストラム 〜



最寄駅前の露天のお花屋さんで鉢植えを買いました。

【学名】 Malvastrum lateritium
【流通名】 マルバストラム
【別名】 エノキアオイ
【科名】 アオイ科
【属名】 マルバストルム属
【花期】 5〜7月
【花色】 白・黄色 (白い花は黄色い花より香りが良い。)
【性状】 多年草(耐寒性)
【原産地】 南米
【特徴】 暑さにも寒さにも強く、伸びた茎の各節から発根するのでどんどん増やすことがでる。花径5cm程度の橙赤色の杯状花。這い性植物。花は短命だが次々に咲くので、長い間楽しめる。



アプリコット色の丸い花がとてもかわいいです。お気に入りの色なので、昨年から気になっていた花です。でも、気付いたことは、水持ちが悪いらしく、マメに水をやらないと干からびてしまいます・・。アオイ科というだけあって、確かに花の形はアオイに似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

こんもり・マーガレット vol2!!



ようやく「記事の日」に「更新日」が追いつきました。何かもう、1・2日に仕事をしたら、GW休んだ気がしません! でも、休日出勤した同僚より在宅(実家)勤務の方がまだましですね 本当は1・2日に旅行の計画を立てていたのですが、4・5に変更になりました。明日大洲市に出発します!

このマーガレットは、同級生の家のお向いさん家にあります。2年前にも一度ご紹介しているのですが、ますますパワーアップ!という感じでこんもり咲いているマーガレットです。


こんもりお山は2つあります。


2年前より更にピンクづいているような気がします。お隣の同じくピンクの平戸つつじと仲良く咲いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

艶やかなお花ですね。



4/28から実家に帰省しています。6日までこちらにいますが、1・2日は会社自体はお休みですが、仕事をしなくてはいけません。今、仕事の合間にストレス解消のため?ブログ更新しています。4月は、人員1人減+4人が絡む仕事の引継ぎで、毎日残業、特に最後の週は毎夜22::00過ぎまで会社にいたので疲れました
・・というわけで、ブログの更新は後追い状態になっていますので、今日の記事からGWバージョンとなります。つまり、「記事の日時」と「更新日時」がずれています。


この艶やかなお花は、近所の同級生のお庭に咲いていたものです。椿の一種でしょうか・・? 八重咲きみたいなので豪華な感じがします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

木香薔薇が美しい♪



紅茶教室で知り合った方が少しお花を習っているそうで、私がお花をやっているということを知って、ご自身の先生が出品している花展の案内を下さいました。南青山の閑静な住宅地にあるお洒落なアトリエ(Atelier Hanaparis)です。


木香薔薇がとても美しく、最初はレストランかと思い、周りをウロウロしていました。住所から、ここだ!と思ったのですが・・それにしても見事ですね。


1本1本がこのように蔓状になっているのが好きです。


この花には、正に‘可憐’という言葉がふさわしいでしょう。


八重咲き・・というのが納得です。

【学名】 Rosa banksiae
【和名】木香薔薇
【科名】 バラ科
【属名】 バラ属
【花期】 4月〜6月
【花色】 白・黄色 (白い花は黄色い花より香りが良い。)
【原産地】 中国
【特徴】 八重咲き、とげがない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

花で癒される♪



近くのお花屋さん・花屋福太郎『季節のしあわせ寄せ』を買いました。ここは、元々切花より鉢植えが多く置かれているので、ガーデニングをする人には喜ばれるお店です。その一方で、ブライダルのコーディネートもしているようです。ベランダに置いてみたのですが、やっぱり素敵です♪ 休日に窓から見ると幸せな気分になります。コンテナもかわいいし気に入っています。


かわいいお花でまとめられているでしょう? アンは鉢植えを枯らせてしまうと店員さんに相談したら、必ずこういうコンテナかポットに植え替えしないといけなんですって。そうですね、栄養分もなくなってくるし、根腐れもしてしまうんです・・。この寄せ植えは、頑張って育てていこうと思います。


このお花屋さんのちらしがポストに入ってて、券を持ってくと\525のミニブーケがもらえることになってたんです。それがこれです。テーブルの上に、お花がさりげなくあると嬉しいです♪ こういった、日常のささやかな幸せを大切にしたいと思います。

店長さんのブログです。
福太郎の花屋奮闘記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

近くに桜があるのは嬉しい♪



引越しして丸4年経ちました。多摩川から徒歩1分の所に住んでいます。桜並木が一駅分以上続きます。近くに桜があると、とっても嬉しい気分になります♪

近所の桜
2006
2005
2004


土手沿いに桜の木があるので、斜面にからとても近くに花を見ることができます。


アップで撮ってみます。


17:30頃に撮ったので、お花見をしていた人たちは帰り支度をしています。毎年、どこかに桜を見に行っていますが、やはり近所の桜は気になるので一度は見に来てしまいます。


どうです、この素晴らしい桜道! 桜のアーチの下を歩くのはとても気持ちがいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

桜♪ in 洗足池公園



今年は、洗足池公園に桜を見に行きました。洗足池は去年行こうと思っていたのですが・・ 隣町の池上線沿線で、久が原駅まで自転車で行こうと思ったら、所々に桜や美しい花が咲いていて、結局、目的地をそれて、自転車散策となってしまったのでした。アンの住む大田区は、ほんと花や緑などの自然が多くて嬉しいです。

洗足池の桜写真集
去年の桜散策
一昨年の桜散策


園内では、『桜まつり』が行われていました。左に移っている3色の桜?が美しいですね。こういうのは時々見かけますが、元々こういう種類なのでしょうか? それとも交配によるものでしょうか? 未だ謎です。。


池の周りに桜が咲いているので、ボートに乗って見るもの一興です。


日曜日なので、たくさんの人で賑わっていました。外国人から見たら異様と思えるこの光景は、平安時代(庶民では室町時代)から続いているのですね。


何と思われようと、満開の桜を見ると幸せな気持ちになります。この時期だけは、日本人に生まれて良かったと思える瞬間です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

小石川後楽園 - 黄門様ゆかりの地 -



ランキング1位が続いていて驚いています。皆様、ありがとうございます♪
小石川植物園から小石川後楽園へは地下鉄の1駅分くらいですから、歩いていけば丁度良い運動になります。それにお昼も食べなくてはいけなかったのです。本当は、晴れていたら植物園のベンチに座っておにぎりでも束ながらピクニック気分に浸りたかったのですが・・。小石川の商店街は下町らしくお寿司屋さんやお蕎麦屋さんが多かったです。雨のために肌寒かったので、暖かいお蕎麦を食べました。
5月の終わり、つつじや藤が終わり、花菖蒲にはまだ早く・・というお花を愛でるには中途半端な時期です。かろうじて「さつき」が咲いていました・・と思ったら、どうも咲き始めのようです。今年は5月の天気が悪かったので、開花が遅いのでしょうか・・? 近所のさつきも6月になって満開を迎えました。
小石川後楽園写真集を作りました!

内 庭
水戸藩の書院の庭としてあった所で、昔は唐門をへだてて、大泉水のある「後園」と分かれていました。江戸時代は「うちの御庭」と呼ばれた、池を中心にした純日本式の庭園。昔の姿をそのままとどめているといわれます。


小あじさい
この時期に早くもあじさい!「小あじさい」という札がついていました。繊細でレースのようなお花です。こういう紫陽花もあるんですね・・。 Bunchan-sanのブログで、色んな種類の紫陽花があることを知りました。


田園風景
園の北側地域は、景観が一変! 梅林、稲田、花菖蒲、藤棚の田園風景が展開します。元大名屋敷である庭園の中に稲田があるのは、後楽園だけでしょう。これは農民の苦労を、水戸光圀が彼の嗣子・綱条の夫人(公家出身)に教えようと作った田圃で、現在は毎年、文京区内の小学生が、5月に田植え、9月に稲刈りをしています。


カキツバタ
花菖蒲はまだまだでしたが、カキツバタがまだ咲いていました。でも、ここは花菖蒲がメインのようで、カキツバタはほんの少し・・。藤棚や稲田の田園風景の中で見る花菖蒲は見事だったでしょう! こうして、浜離宮恩賜庭園の花菖蒲を見るに到ったのでした・・。


大堰川
この庭園で河の景色を代表する場所。その名は、京都嵐山の下を流れる大堰川にちなんでおり、昔は神田上水から水車で水を汲みあげて流していました。透明度が高く、綺麗な川です。マイナスイオンがいっぱい出ていそう・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧