« ドライプルーンのベーコン巻き&豆腐パフェ? | トップページ | 生パスタの会  ~ バジリコペーストソース キタッラ ~ »

2008年9月 6日 (土)

Flower Respect ~ 秋のモダンアレンジ ~

ヒビヤフラワーアカアデミーのK先生による特別レッスン! 2回目です。7月のときは、ナチュラルで繊細なアレンジでしたが、今回は少し造形的なアレンジです。シルバーの器を使った、少し高めのアレンジ。上から垂れてくるもの、上にすっと伸びるものを組み合わせます。先生がおっしゃるには、装飾的な構成といっても色々あって、自然の中に咲いているようにナチュラルな感じにするのと、モダンだったりデコラティブだったり、自然界では表現できなかったデザインをフローリストの手で作るのとあるそうです。どこにポジションを置くかは自分次第ということですね。
<花材>
アマランサス 1本、バラ 2本、リューカデンドロン 2本、ケイトウ(ボンベイ) 1本、ピンクッション 1本、アンセリューム テラ 1本、ブラックパール 1本、レッドダッチェス 1本、ハラン 3本、ニューサイラン 2本、シッサスオバータ、青リンゴ 4個
<資材>
花器 1個、オアシス 1/2個、ピン(ピンク大・ホワイト小) 数本
P9065841

シッサスオバータは、根っこの部分でエアプランツみたいな感じ。このままドライになってしまう花材です。これをどう使うか悩みました。他の生徒さんみたいに、編み込んだり絡めたりうまく使えないので、シンプルに生けました。アレンジ全体として、あまりごちゃごちゃさせたくなかったのもあります。器の色に合わせたシルバーのリボンもありました。これは更にどうやって使うか悩みましたが、結局、シッサスの上に飾りました。帯みたいな感じにして、和風チックにしてみようと思ったんです。先生が、面白いデザインとおっしゃってくださいました。アドバイスをいただき、先端をちょっと丸め込んでみました。そうすると、丸めた帯が、上から下へ垂れ下がるような印象をより強く与えるということです。後、色の配置のバランスとして、右側に垂れ下がったシッサスにもリボンを添えました。「ちょっとしたことでガラッとイメージが変わるから!」と教えていただきました。アンはまだまだその域に至っていません・・。

P9065840

ベースは、ハランを巻いています。後で、ピンクのピンとブラックパールの実の大きさが同じくらいなので、組み合わせてみました。花材と色味の違うこのピンクはアクセントカラーになりますね。
P9065834

|

« ドライプルーンのベーコン巻き&豆腐パフェ? | トップページ | 生パスタの会  ~ バジリコペーストソース キタッラ ~ »

Flower Arrangement」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Flower Respect ~ 秋のモダンアレンジ ~:

« ドライプルーンのベーコン巻き&豆腐パフェ? | トップページ | 生パスタの会  ~ バジリコペーストソース キタッラ ~ »