« おまかせ給水キャップ! | トップページ | 木もれびでお食事 »

2008年8月20日 (水)

シャンパングラスでテーブルデコレーション♪

またまたPetit te Petitでのフラワーレッスン。東京はめっきり涼しくなりましたが、お花の色合いも秋の気配ですね! グラスを使ったテーブルアレンジはやってみたかったんです♪ ワイングラスもいいんだけれど、細長いシャンパングラスだとよりお洒落な感じ! ホームパーティーでアレンジしたら素敵ですね♪ アレンジのコツは、テーブルアレンジの基本として四方見。お花が正面だけを向くのではなく、反対側も意識して挿しましょう。そうすることで、アレンジに奥行も出ます。4つのグラスには、全く同じ花を挿すのではなく少しずつ違ってた方が変化があって良いです。但し、それぞれが別物になってしまうのではなく、全体で1つに纏まるように、お花の向きや色の配分を考えます。このアレンジでは、グラスを横に並べるフォーメーションから横長いアレンジということもあり、『交差』という手法を取り入れています。リキュウソウやキバナコスモスなど、交差させているのがわかりますか?
P82156583_2

<花材>
バラ (ジプシーキュリオサ)、キバナコスモス、ケイトウ、ミシマサイコ、ブラックベリー、シナモンバジル、リキュウソウ、リリオペ

最初に飾る場所を意識して、シャンパングラスのフォーメーションを決めます。それぞれのグラスをつなげるように、ある程度しっかりとグリーンや枝物でラインを定めましょう!その後、フォーカル的な花(安定感の出るもの、色の薄いもの) から順番に挿し入れ、最後に、流れや雰囲気を出すグリーンや小花で仕上げます。花留としてグラスの中に、丸めたリリポペを入れています。
P8205632_2


四方見とは、背面がなく、どこから見ても綺麗に見えるアレンジのこと。でも、フォーカルポイント(見せたい箇所)は作ります。
Champagnearrange

|

« おまかせ給水キャップ! | トップページ | 木もれびでお食事 »

Flower Arrangement」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャンパングラスでテーブルデコレーション♪:

« おまかせ給水キャップ! | トップページ | 木もれびでお食事 »