« 冬休み最終日 〜 りゅう君も帰ります・・ 〜 | トップページ | 今年のお守り »

2008年1月12日 (土)

春の七草の一つ 〜 なずな 〜



【学名】 Malvastrum lateritium
【和名】 薺 (なずな)
【学名】 Capsella bursa-pastoris
【別名】 ペンペン草
【科名】 油菜(あぶらな)科
【属名】 ナズナ属
【花期】 1/20頃〜 5/15頃
【効能】 中国では止血剤、ヨーロッパでは通風、赤痢などの薬として使われる。
【語源】 「薺」は「撫菜」(なでな)からの変化。なでたいほどかわいい菜、の意から。
また、夏に枯れて無くなることから「夏無(なつな)」、これが変化したとも。


ぺんぺん草でおなじみの「ナズナ」は、春の道端や畑、庭の隅っこなどいたる所に自生する2年草で、春先の野草の代表のひとつです。

秋に芽ばえ、早春に白い小花咲き始めます。この写真は、アンの実家の近くのれんげ畑の側に生えていました。今はさいさい(彩菜)きてやができてしまっています。ペンペンというのは擬音ではなく実の形が三味線のバチに似ているからでしょう。実がついた枝を取って振ると,実がぶつかりあって「シャラシャラ」という音がします。アンも小学生のとき、学校の帰り道、ナズナの葉っぱを鳴らしながら帰ったものです。



全草を利尿・解熱・止血などに用います。春の七草の一つとして有名です。会社は10連休だったものの、年度末決算で、正月返上で元旦も実家で働いていました。今はパソコンがあるからどこからだって仕事できてしまいますものね・・。仕事始めで七草粥を食べる7日もバタバタしていて、会社のデスクでコンビニのお弁当 今は『七草粥セット』も売られているので、いつか自分で作って食べてみたいです。そういう日本の伝統的な事を楽しめるゆとりのある生活をしたいと思います。
春の七草

|

« 冬休み最終日 〜 りゅう君も帰ります・・ 〜 | トップページ | 今年のお守り »

写真・アルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の七草の一つ 〜 なずな 〜:

« 冬休み最終日 〜 りゅう君も帰ります・・ 〜 | トップページ | 今年のお守り »