« 春 ・ 爛漫 ♪ | トップページ | 桜を求めて vol.1 - 大田区自転車散策 - »

2006年4月 2日 (日)

情緒豊かな神楽坂のフレンチ 「ル・ロワズィール」



友人が飯田橋の学校で本格的に「薬膳」を習っているので、近くの「神楽坂」で会うことにしました。彼女はパン・お菓子も教えることができ、フランス・ドイツ・イタリアでも短期ですが勉強してきました。もちろんお料理も上手です。今は、「医食同源」に目覚めて頑張っています。やはり健康な体は食からですね!情緒ある町並みが好きな私たちは、神楽坂のような所は好きです。食事の前に少し散策をしました。あいにくの雨ですが、それも坂の小道ではしっとりとした情景となります。和洋折衷を見事に実現した街だと思います。


今日行ったお店は、神楽坂のフレンチビストロ/ル・ロワズィール。友人の友人がすすめてくれたお店です。口コミが間違いなし!と思っている私たちの期待を裏切らないお味でした。店内は、フランスのビストロを思わせる美しい調度品と明るいパステルカラーで統一されており、お店の名前通り、ほんのひとときの “余暇(Loisir)” を楽しむことができます。
ディナーは、\3,500と\5,000の2コース。前菜も主菜も8種類くらいの中から選ぶ
ことができます。どれもおいしそうで、困っちゃう・・。私たちは\3,500のコースを食べました。\5,000だと主菜がもう1品増えます。

オードブル
これはコース外なのですが、頼んでしまいました。コースのチョイスの中にも生牡
蠣があり、2人とも惹かれて悩んでいました。お店の人が、+\840で追加できます
と教えてくれたので、迷わず追加してしまいました。よく見るとメニューのトップ
に書いてありますね。この大きな牡蠣は茨城産。レモン汁とエシャロットとの相性
が抜群 !!


ずわい蟹とアボガドのマヨネーズ風味 セルクル風

どれもおいしそうだったんですが、ずわい蟹とアボガドときたら必ず注文してしまいます。アンはアボカドと海老の組み合わせも好きです。「セルクルって何かしら?」と思っていたら、さすが友人は知っていました。「○く模ってるってことじゃないかなー。」って。お菓子作りの型のことをそう言うんだそうです。そういえば、英語で○はCircle (サークル)。フレンチで言うとセルクルなんでしょうね。


ほろほろ鳥と自家製ソーセージ フォアグラ風味の赤ワインソース

いつもならさっぱり系のシーフードにしてしまいがちなのですが、ここのお店はお肉料理も見逃せないものばかり! 友人は「仔鴨のオレンジ風味」を注文しましたが、1口食べた途端に感動していました! アンはほろほろ鳥っていうのはお初なので試してみたんですが、こちらも美味! 赤ワインの酸味との組み合わせが絶妙です。お野菜もしっかりとした綺麗なグリーンで、品質の良さがうかがえます。


苺のタルト 牛乳のソルベ添え

見た目もかわいらしく春らしいのが女性に人気! 周りの人も結構食べてました。私たちは、ソルベ (シャーベット)よりアイスクリームの方が好きなんですが、この牛乳のソルベはクリームに近くマイルドで、生乳の味が引き立っていました。苺がたくさんあるのもうれしい♪

|

« 春 ・ 爛漫 ♪ | トップページ | 桜を求めて vol.1 - 大田区自転車散策 - »

食事」カテゴリの記事

コメント

「医食同源」私の興味津々デス♪

投稿: コーチング | 2006年4月 5日 (水) 07時17分

私も「健康」を大切にしたいので、「医食同源」に興味を持っています!

投稿: anne | 2006年4月 6日 (木) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情緒豊かな神楽坂のフレンチ 「ル・ロワズィール」:

« 春 ・ 爛漫 ♪ | トップページ | 桜を求めて vol.1 - 大田区自転車散策 - »